Make your own free website on Tripod.com

生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資“FX” (アスカビジネス)



ピット・ブル − チャンピオン・トレーダーに上り詰めたギャンブラーが語る実録「カジノ・ウォール街」生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資“FX” (アスカビジネス)ドクター田平の株「科学的」投資法世界権力構造の秘密[新版]下巻 影の支配者の実名最新 行動ファイナンス入門物語で読み解くファイナンス入門東証1部昇格銘柄を事前にキャッチして資金を5倍にしたJ-Coffee投資法次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈下〉謀略・金融篇毎日5万円を株で稼ぎ続ける方法 (宝島社文庫)マーケットの魔術師 大損失編


生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資“FX” (アスカビジネス)
生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資“FX” (アスカビジネス)

ジャンル:
セールスランク:116310 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,470 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

一番最初のFXとっかかり

 前作もかなり初心者向けのとっかかり本でしたが、それにも増して主婦にも読めそうな簡単な内容です。

 前作同様に、基礎知識をつけるためというよりは他のFX基礎本が難しくて手が出せないという方が読むような本です。カラーでもなく、章立ても知識付けを意識しているものではないため読み物として楽しむべきでしょう。
内容はわかりやすい、編集はひどい

第1章は、ほとんど著者の若いときの身の上話(FXに興味を持つまでのどうでもいいエピソード)だったので、30ページを過ぎたあたりで「一体いつFXについて話し始めるの?!」と問い詰めたくなりました。

実際に第2章あたりからFXについての実用的な話が始まると、内容はとてもわかりやすく、ロングとショート、スワップポイントなど、初心者向けのトピックが一通りカバーされています。他のFX本と比べると、著者がプロでない分失敗談などもちゃんと載っていて参考になりました。
ただ、編集が悪い。というか、著者が持ってきたものをそのままプリントしたのかと思うぐらい、文章が素人っぽいのです。突然文体が会話調になったり、各文章の最後にいちいちカッコ書きで著者の自分ツッコミが入ったり…(「本当におバカな私」など)。アスカ出版さんの本はアイディアは面白くても校正・編集が同人誌並みです。改善を望みます。

まだFXを始めていなくて迷っている人には入門本としていいですが、もう口座を持ってる方は、もっと上級の本が向いていると思います。
超超初心者むけです

題名の通り「生まれてはじめて」つまり超超初心者むけです。
株をやったことのある方や、
FXの口座を開設して一週間以上経つ方は、読んでも得るものはありません。
はっきり言って、少しでも投資経験のある方なら知っている「項目」ばかりで、
しかも、つっこんだ説明はまったくしてありません。

各項目につっこんだ詳細な説明がないので、1?2時間で読み終わります。
面白かった

いや?、面白かったですよ。
どんどん読み進んじゃいましたよ、んで、2晩で読んじゃいました。
(チョと寝不足気味になっちゃいましたけどね)

なんてったって、著者の最初の頃の話しは、超初心者、ど素人の自分のことみたいですから!
チャートだってわかんないし。
ローソク足っての意味(見方)が、少しわかりましたよ。
「三川宵の明星」(さんせいよいのみょうじょう)
「赤三兵」(あかさんぺい)
「三羽烏」(さんばがらす)
だって、へぇ?、面白いね、チャートってそういう法則?があるんだ。
「エリオット波動」とか「フィボナッチの黄金比」とか・・・・・ぇえ!そうなの?
って、感じです。

コラムもいいよね。
  円高・円安って?・・・・
  売って買い戻す?・・・・
  スワップっていつつくの?・・・・
  ロングとショート・・・・
自分が、よく知りたいことがいっぱい書いてあるんだよね。

 読んでいるうちに、FXっていうものがわかってくるし、初心者が間違えやすいあぶないことを教えてくれる。やっぱし、少額からはじめるのが吉だね。



明日香出版社
外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法 (アスカビジネス)
はじめてのFX100問100答
テクニカル分析&キャリートレードで儲けるFX (アスカビジネス)
株とFX―3日でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス)
誰でも儲けられる外貨(FX)投資 究極の手法丸わかり!―外貨投資のカリスマ対決!