Make your own free website on Tripod.com

ドクター田平の株「科学的」投資法



ピット・ブル − チャンピオン・トレーダーに上り詰めたギャンブラーが語る実録「カジノ・ウォール街」生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資“FX” (アスカビジネス)ドクター田平の株「科学的」投資法世界権力構造の秘密[新版]下巻 影の支配者の実名最新 行動ファイナンス入門物語で読み解くファイナンス入門東証1部昇格銘柄を事前にキャッチして資金を5倍にしたJ-Coffee投資法次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈下〉謀略・金融篇毎日5万円を株で稼ぎ続ける方法 (宝島社文庫)マーケットの魔術師 大損失編


ドクター田平の株「科学的」投資法
ドクター田平の株「科学的」投資法

ジャンル:
セールスランク:96506 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,575 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

分析手法の統合

 著者の体験と分析に基づく分析手法の統合。バリュー投資のようにファンダメンタル分析で銘柄選択し、テクニカル分析で売買時期をさぐります。

 私もこのやり方はもともと正しいと思っていましたが、本書にてさまざまな角度から検証してくれているため、自信が持てました。

 いろいろと式も登場しますが、初心者は「具体的投資法」という箇所や○囲み数字でナンバリングされた箇所だけ拾い読みすることで投資基準を手っ取り早く知ることが可能です。もちろん最初から最後までじっくり読んだほうが参考になりますし楽しいですが…

 実践的でありながら読者=投資家それぞれの選択の余地を残している、有益な書籍であると思いました。おもしろく、お勧めです。
やっぱり両刀使いが大事

僕は自分なりに勉強して、ファンダメンタルズを見て投資先を決定するスタイルで株式投資を行ってきました。
しかし、ファンダメンタルズだけでは思ったほど投資結果がよくありませんでした。
そんなときに出会った本がこの本でした。
ファンダメンタルズ・テクニカル両方についてわかりやすく説明してあり、ありがたい本でした。
あとはもっとこの本を使いこなせるように実践を重ねてくつもりです。

もうひとつのエビデンス

ファンダメンタルとテクニカルの融合、思えばありがちな作戦なのだけれど
あまり実践的にここまで書かれた本は少なかった気もします。
ファンダメンタルに優れた株をテクニカル売買することで資金効率を上げる。
ただ一冊の本の中に2つのことを説明されているのだから
270ページあっても内容が足りない感じです。
当たり前と言えば当たり前ですが…
エビデンスに基づいた投資法と言えばKAPPAさんの本と似ているのかと言えば
まったく似ていません(笑)田平さんは積極的にテクニカルを取り入れて
文章も万人向けに読まれやすいように意識的に書かれています。
ただ面白いもので両者を比較して実際に行動をするのならば
やさしく、誰にでも分かりやすい様に書かれているが、これは実は難しい
実はこの投資法は難易度がけっこう高いのだ。
なぜなら田平さんの方は定性分析も取り入れているが
これを真似するにはそれなりの投資経験と他の本から
定性分析をしっかりと学ばなければならない。
わりと投資経験もあって更に自分のパフォーマンスを向上させたい人には
新しい価値観を手に入れられて素晴らしい内容の本でしょう。

プラクティカル

同じご職業のKAPPA氏の『東大卒医師が教える科学的「株」投資術』と比較すると初心者にもわかりやすく、ファンダのファクターに関する記載はよりシンプルで個々の読者による解釈の余地を残してあるように感じました。
その他目立つ違いは以下の点かと思いました。
・売買タイミングにテクニカル指標を参考にするところ。
・少子高齢化が進みインフレの恐れがある日本では、過去のデータと確率による未来分析には限界がある、としている。
医療の世界でも、エビデンスを集める母集団や期間、用いる統計手法などによって微妙に違いが出ます。今目の前の患者さんへのきめ細やかな対応を促すために、確信犯的に「EBM(Evidence-based medicine)はあまり好きではない」と公言する高名な医師も、まれながら存在しますし。
さらに例えるなら、KAPPA氏の著作は学術的側面が、こちらは臨床的側面が色濃いと感じます。どちらもお買い得な良著だと思います。
素晴らしい

色々な株の本を100冊以上読んできたが
my bestといえる本です。
非常に論理的にバリュー投資について解説しているだけでなく
その問題点や対処法も明確に述べている。
上昇相場だけでなく下降相場を生き延びてきた
深みを文章のいたるところから感じることができる。
おそらく初心者から中級者にとってこれ以上の本はないのではないか。
ただ、テクニカルのところが若干弱い気がする。





日本実業出版社
ドクター田平の「最強」外貨投資―5年後に資産家になる
田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック (WINNER’S METHOD SERIES)
早川圭の株「バリュー投資」常勝セオリー (成功者が実践する投資法WINNER’S METHOD SERIES)
<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法
バリュー株で勝つための【図解】「決算書&企業価値」分析ドリル