Make your own free website on Tripod.com

物語で読み解くファイナンス入門



ピット・ブル − チャンピオン・トレーダーに上り詰めたギャンブラーが語る実録「カジノ・ウォール街」生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資“FX” (アスカビジネス)ドクター田平の株「科学的」投資法世界権力構造の秘密[新版]下巻 影の支配者の実名最新 行動ファイナンス入門物語で読み解くファイナンス入門東証1部昇格銘柄を事前にキャッチして資金を5倍にしたJ-Coffee投資法次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈下〉謀略・金融篇毎日5万円を株で稼ぎ続ける方法 (宝島社文庫)マーケットの魔術師 大損失編


物語で読み解くファイナンス入門
物語で読み解くファイナンス入門

ジャンル:
セールスランク:89349 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,575 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

楽しく読める、ファイナンスの副読本

 この本は具体的なエピソードによりファイナンス理論の基本を解説しており、楽しみながら読み終えることが出来た。入門書と言うよりは、基本書に対する副読本として位置づけたほうが良い。
 ポートフォリオ理論の解説ではノイズキャンセリングヘッドフォンの原理が出てくる。時間価値のところでは「一万ドルの車に一万ドルの国債のおまけ」のエピソードが語られる。リスクとリターンではコミック本投資を引き合いに出している。さらに証券化では秩禄処分の話が出てくる。
 博覧強記の森平先生ならではの語り口に、ファイナンス理論に自信のある人も、啓発されるだろう。
ファイナンスに関する雑談集

時々、日本語として引っかかる表現がある点を除けば、
個々の話は分かりやすいのですが、その話題が、ファイナンスのお話の中で、
どういう位置づけにあたるのかが分からないため、
予備知識の欠けている自分のような者が、お勉強のために読むには、
適していないような気がしました。

ファイナンス関係の予備知識があり、堅い勉強に飽きている人には、
講義の途中の蘊蓄雑談風に読めそうなので、
目先が変わって、楽しめるかな、という気もしました。
ファイナンスを伝えるために

ファイナンスをやっているというと、「難しそうな話はちょっと・・・・」と敬遠されてしまうことが多々ある。しかし、この本に書かれているように、数式を披露するのではなく、身近な話として本質を語ることができれば皆耳を傾けてくれると思う。私にとっては、グラミン銀行の話がとても面白かった。大学の教養課程で副読本として使うと学生の勉強意欲も増すのではないだろうか。
ファイナンスへの関心高まる

気軽な書き口で複雑なファイナンス理論をわかりやすく解説。ただし誰にでもわかりやすいというものではなく、ある程度の知識を持つ読者を前提としているというレベル。誤植がかなり目立つので今後の校正が必要。



日本経済新聞出版社
物語(エピソード)で読み解くデリバティブ入門
世界がわかる現代マネー6つの視点 (ちくま新書)
金融史がわかれば世界がわかる―「金融力」とは何か (ちくま新書)
検証 BIS規制と日本
マネー敗戦 (文春新書)