Make your own free website on Tripod.com

面接の英語



経験からの学習-プロフェッショナルへの成長プロセス-建設会社でも二ケタ成長はできる!面接の英語はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド資格取り方選び方全ガイド 2009年版 (2009)おいしい失業生活マニュアル (アスカビジネス)会社図鑑!2008地の巻大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップテレワーク―「未来型労働」の現実 (岩波新書 新赤版 1133)会社の元気はメンターがつくる―やる気育成のプロに学ぶ自立社員創造法


面接の英語
面接の英語

ジャンル:
セールスランク:12525 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,310 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

ロングセラーとなっている『英文ビジネスレター実例集』をはじめ、ビジネス英語関連の著書を数多く持つ著者が、面接における英語表現をQ&A形式で事細かに解説した1冊。

日本語で書かれた類書は、残念ながら、質問の内容が練られていないか、表現が一般的すぎて、プロフェッショナルの転職には使えない場合が多い。だが、本書の場合、実務経験が豊富で、MBAも取得している著者が書いているだけに、内容はネイティブのものと遜色がない。とくに、質問内容はよく練られており、MBAの入学試験や外資系企業の面接で聞かれそうな内容ばかりが取りあげられている。こうした質問のなかには、予備知識がないと思わず面食らってしまうような鋭い質問も含まれているため、心の準備をするという意味でも重宝するだろう。

答えのサンプルに関しても、求職者の経験・エピソードをふんだんに盛り込んだものが掲載されており、自己PRの参考になる。また、答えにくい質問に対しても、どのように答えればよいのか、サンプルがきちんと掲載されている。質問の意図に関しては、著者がコメントを入れてくれているので、これを読んで適切に対処すると良い。

そのほかには、求職者の性格を見定めるための質問、学校生活に関する質問(新卒の場合)、業績に関する質問、職歴に関する質問、応募職に関する質問、キャリア目標に関する質問、管理能力に関する質問、待遇・条件に関する質問などがまとめられている。これらをすべてマスターすれば、外資系企業の面接でもあわてることはないだろう。それでも心配な人は、Part3の「面接ケーススタディ」を読めば、具体的にどんな形で面接が進むのか、おおよその雰囲気がつかめるはずだ。こちらの内容は、CDにも収録されているため、ぜひ一度聴いてみて欲しい。(土井英司)



この本のおかげで人生がかわった!

海外駐在経験のない超ドメスティックな私が某外資系企業からオファーを獲得できたのはこの本のおかげだと思う。本に記載されているプロフェッショナルな言い回し・表現を覚えて、Native SpeakerにMock Interviewをやってもらいなんとか初めての英語面接を乗り切れた。それも合格率1%もみたない企業からオファーを獲得することができたのである。やったーーー!
先輩に薦められて購入

先輩に薦められて購入しました。
複数の先輩が共通して名前を挙げていたので、他の類書は検討してませんが、良い本だと思います。
もちろん、ある程度の英語力は必要です。
でも、そこそこの英語力さえあれば、一応定型の質問には面接で答えられるようになる本です。
推奨しています

転職コンサルティングをやっている仕事柄、この手の本は殆ど読んでいますが、ベストの本です。
英語の面接に限らず、英語の合理性の面(表現・論理性)から日本語での面接にも充分応用可能であり、またレビューの意味でも最適です。これから面接を迎える人には必ず読んでもらっています。
役立ちました

わかりやすく私には役立ちました。成功しました。
面接に対する甘い考えを叩きなおしてくれる

 英語面接の本は他にあまり見当たらないので、そのことだけからも存在意義があるこの本。面接の質問に対する模範回答が、採用者の厳しい視点をふまえて提示されています。この本の効用はこの回答の丁寧さにありましょう。
 ただしthat cuts two ways.採用は単に面接の技術だけで決まるわけではないのですから、この本は使い方によっては単なるマニュアル本になってしまうでしょう。まあ、それはこの本の問題というより、読者の側の問題といえそうですが。 
 一つ気になることですが、この本のcolumnはコメントがきつすぎます。この点はマイナスに評価します。何のために本文でpositive way of thinkingを力説しているのかがわからないくらい、否定的なコメントが多いのです。

 厳しいことを言うことと、感情的に批判することは違います。「絶対に採用したくないタイプです」「この方はとても採用できるような方ではなかったのですが」「イライラします」「とても上級管理職とは思えない」等。読んでいて「まあ、まあ」と諌めたくもなります。採用者の本音なのだから、価値あるコメントであるには違いないのですが・・・。

 たとえば「先方に迷惑をかけます」ですとか「マイナスの印象を与えます」等、客観的な言い方で済ませることは可能でしょう。そう思われる個所は多々あります。ちょっと表現がpersonalかつemotive過ぎますね。

 きっと著者ご自身も昔は苦労なさったのでしょうね。これくらいのことは常識としておきなさい!という、先輩の厳しくもありがたいお言葉と受けとめておきましょう。
 ちなみに、使われている英語はきわめて平易で好感が持てます。 



ジャパンタイムズ
英文履歴書の書き方〈Ver.2.0〉
採用される英語面接 対策と実例集 (CD book)
受かる!英語面接 [CD付]
アピールする!英文履歴書 [CD-ROM付] (ネイティブのビジネス英語)
改訂版 外資系企業に入るための履歴書と面接の英語(CD付)