Make your own free website on Tripod.com

マーケットの魔術師 大損失編



ピット・ブル − チャンピオン・トレーダーに上り詰めたギャンブラーが語る実録「カジノ・ウォール街」生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資“FX” (アスカビジネス)ドクター田平の株「科学的」投資法世界権力構造の秘密[新版]下巻 影の支配者の実名最新 行動ファイナンス入門物語で読み解くファイナンス入門東証1部昇格銘柄を事前にキャッチして資金を5倍にしたJ-Coffee投資法次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈下〉謀略・金融篇毎日5万円を株で稼ぎ続ける方法 (宝島社文庫)マーケットの魔術師 大損失編


マーケットの魔術師 大損失編
マーケットの魔術師 大損失編

ジャンル:
セールスランク:36407 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,940 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

内容が薄っぺら過ぎます

期待して読み始めましたが小学生の作文並の内容でした。
マーケットの魔術師 ジャック・D・シュワッガー著の様な物を期待して裏切られました。
損失に至る過程トレーダーのそのときの感情や心理状態、損失により学んだ点などを
多くのトレーダーから広く浅く読み取る本でした。
本当の損失でもがき苦しんでいる現在のトレーダーをブログなどから探したほうが
面白いでしょう、学べる点は皆無でしょうが・・・
大損失編は本屋で立ち読みするなりしてから自分にしっくり来るか確認してから
購入した方が賢明でしょう
シュワッガーの「マーケットの魔術師」「新マーケットの魔術師」には確かに劣りますが・・・

名著「マーケットの魔術師」および「新マーケットの魔術師」からメインタイトルを借用し、「大損失編」という投資家の眼を引く企画で作られた本書。他の方がおっしゃられているように、前の二者と比べるとコンテンツに物足りなさは感じます。アート・コリンズ氏によるインタビューも、シュワッガー氏のインタビューと比べると、いま一つ核心に迫りきれておらず、読んでいてちょっと肩透かしを食らった印象が否めません。
 とはいえ一流のトレーダーたちが、ありがちなパターンで大失敗を犯した告白を読めるという点ではやはり貴重。過去の栄光にふんぞり返って、ブログで個人投資家にポジショントークを吹き込んで満足しているような元カリスマトレーダーには、そんなことできないでしょうから。


パンチ不足

ちょっとパンチ不足だったかも。あまり具体的な対処法はなかった。

というより、トッププレイヤーでも防げない損失の出方を知りたい方におすすめ。


大損失という点ではどちらかというと、某巨大掲示板の樹海行きスレとか見たほうが良いのかもしれない。リアルな絶望感が分かる。


内容は、35人のトッププレイヤーの大損失の経験談。
インタビュー形式。


神がトレーダーを玩具にしているという表現は米国ならではと思った。
取り上げている人数が多すぎる

個々の事例は興味深く、学べる内容もあると思うが、とりあげている人数が多すぎるため、一人一人の内容が薄くなってしまっている印象が強い。
雑誌の連載等であればこれでもいいのだろうが、書籍であればもう少し人数を限定して個々の内容を深めたものにしてほしかった。
「マーケットの魔術師」シリーズの中ではあまりよいものではない。
失敗の原因は自分

失敗の原因は自分。

損切りの重要さが身にしみて理解できます。

何で損切りできなかったり、感情に押しつぶされて
損失を重ねてしまうのか、痛感できます。

翻訳もわたしは読みやすかった。

投資で失敗をするのは誰しも嫌だけど、
必ず損はしてしまう。
それを後で後悔するものにするかしないかは自分次第。

本書を読んで、自己規律が少しは高まったと思います。
損切りすることに勇気(というか自信?)が出てきました。




パンローリング
マーケットの魔術師 システムトレーダー編~市場に勝った男たちが明かすメカニカルトレーディングのすべ (ウィザード・ブックシリーズ)
マーケットの魔術師【株式編】《増補版》米トップ株式トレーダーが語る儲ける秘訣 (ウィザードブック)
トレーダーの心理学―トレーディングコーチが伝授する達人への道 (ウィザードブックシリーズ)
伝説のマーケットの魔術師たち (ウィザードブックシリーズ)
スペランデオのトレード実践講座 (ウィザードブックシリーズ)